占いを覚えるのは大変!だって種類があるから!

占いって想像以上に種類があります。代表的な占いで言うと西洋占星術、東洋系占い、タロット、カード、サイコロなども占いの一種になります。すごいたくさんあってどれから勉強していけばいいのか悩みました。

私が思う初心者でも取っ付き易い占いはタロットなどのカード系です。

そして占い師になるために基本となるのが命、卜、相と呼ばれる3種類です。占い師になるためにこの3種類の中で1つずつは占術をマスターしたいところ。この3つを簡単に解説していくと…

命に分類される占術の多くは生年月日をもとに占いをしていきます。よく誕生日とか出生日とかのデータを教えて占いしてもらう奴がこの命占と呼ばれる分類に入っています。

命占と呼ばれる占いは総合的な判断で占いをするタイプになるので一生の運勢、運気を調べる、占ってもらうために良い占術と言われています。代表的だと西洋占星術になるんでしょうかね。まずはこれをマスターしていきたいところです。

次が卜占(ぼくせん)と呼ばれる偶然を利用する占い手法です。これは占うたびに結果が変わると言われています。サイコロの目、カードの並びなど複数のパターンがありそれらの組み合わせで読み取るタイプです。ですから占い師のフィルターによって結果が大きく左右される占いとも言われています。

直感力がないと変なアドバイスをしてしまう可能性もあるので注意してパターンを覚えたり普段から直感力を磨く訓練が必要ですよね。

最後は相に分類される占いです。
これは誰もが一度はテレビ、雑誌などで見たことがあると思う、手相などが含まれます。姓名判断も実は相に分類されています。この相に分類されています。

こういった相も時間が経つと変わって来るので占いの結果も大きく変化すると言われています。ですから手相などパターンや背景をしっかりと熟知しないと正しい判断ができなくなります。

このように代表的とされる占いは分類されています。お金をもらって占いをするのであれば命、卜、相と各1つずつは占術をマスターしないといけませんね。かなり大変ですし、好きでないと占いって仕事にできないと思います。今は専門学校などもありますがやっぱり集まっているのは占い好きの人が多いと聞いています♪

関連記事

ページの先頭へ