占い師になるためには弟子入り方法がある

現在では占い師になりたいと思えば複数の方法で道を決めることができます。その中でも古来からある伝統的な占い師になる方法として弟子入りがあります。

弟子入りというと壁が高いイメージがありますが尊敬する先生がいて将来的にはその先生のような占い師になりたい場合、弟子入りしてノウハウを学ぶというのは大きな糧になるはずです。

弟子入りは最も早く確実に立派な占い師になれる方法とも言われています。しかし、どうやったら弟子入りして占いを覚えることができるのでしょうか、調べてみました。

まず一番はじめに行うことは師匠となる先生を探すことです。一番良いの尊敬、憧れの先生に弟子入りするのが一番望ましいと言えます。そういった先生が見つかったり、いたりすれば連絡先を探してアプローチをしていきます。

連絡方法も電話、メールなど様々ですが一般的な社会人として連絡をすれば良いです。

ただし、連絡をすれば誰でも弟子入りができるといったわけではありません。やはり素質だったり礼儀もあります。先生によっては弟子入りではなく自分で行っている占いスクールに誘われる可能性だってあります。

弟子になったからといってもお笑い芸人のように住み込みして家事の手伝い等をするわけではありません。そういった先生もいますが現在は非常に少ないと言われています。普通に先生が出演するイベントの手伝いをしたり占いブースの裏方にまわったり基礎的なことから初めて徐々に占い、接客を勉強していくことになります。

ただし、弟子になったからといって先生がすべてを教えてくれるわけではありません。個人でも占いの勉強をするべきですし、忙しい先生だと見て覚えろ的な扱いになるかもしれません。

憧れの先生に弟子入りするのも良いですが勉強はお金もかかります。できるだけ自分の覚えたい占術や相性の良い先生を選ぶことも大切になってきます。

関連記事

ページの先頭へ