占いの当たる確率って何%だと思う?

占いを受ける女性の多くが占いは100%に近い当たる確率があると思っている人がいます。しかし、そんなことはありません。占いの当たる確率なんて50対50くらいです。本当に直感力が鋭くて経験もある占い師の方だと70〜80%の確率で当てるなんていわれていますが、普通の占い師さんは半分程度と思っておきましょう。

じゃぁ、占いなんて頼らない方がいいの?
こんな疑問が出てくると思いますが当たる、当たらないより占い師の方には現状より元気をもらえることが大切です。

あと他人に言えない悩みを相談できるのも強いメリットだと思います。人って話したいけど話せない状態だとストレスが溜まって運気が悪い方向に向いてしまいます。でも話すことで心のストレスから開放されて運気が上向きに修正されてきたりします。

あくまで占いは心の支え。
人に話せない悩みを打ち明けて一つのアドバイスをもらう場として考えると良いかと思います。

当たる、当たらない以前に相談した後に気持ちが変化したなら良い占い師の方だと思います。気持ちが前向きになるだけでも占いでは運気が上がるようになります。

おすすめの占い占術

ちなみに相談内容によって占術は変えた方が良いです。理由は占術によって得意不得意な占い分野があります。

例えば人生の流れ、運気など知りたい場合は生年月日、名前などから見る占いがオススメです。西洋占星術なんかが代表的な占いですね。

続いて直近の出来事について知りたい場合はカード系の占いがオススメと言われています。代表的なのがタロット占いとかです。

全部の悩みを同じ占術で聞くのは非常にもったいないです。ましてや占いでは得意分野、不得意分野の占いもあります。自分の悩みに応じた占術をもつ先生を見つけて相談することが最も当たりやすい占いに近づくことができますよ!

少しは参考になったでしょうか?
今後、占いを受ける場合は当たる確率よりも自分の気持ちの変化、そして相談内容に応じた占術を受ける。といったことを実践してみてください。

関連記事

ページの先頭へ